若旦那の部屋

~地元に愛され成長する若旦那が、世界へと羽ばたくまで~

2020年、初めてのブログ更新

 皆様、とてもご無沙汰しております。

こんにちは。お元気されてますでしょうか?

 

さて世の中の状況がこんなに変わるものかと驚かされております。

つい1月まで新幹線に乗ってお客様の元へ行っておりましたのに。

(外へ向いていた行動パターンを内向きにシフトチェンジしたということです。)

 

ただ外向きの状況が3年ほど続きましたので、そろそろ次のステップを模索しておりましたので、そんなに絶望感もなく久々の環境に成長の伸びしろを感じております。

 

そんな中、ここ数年の私の気づきをご紹介したいと思います。

少し長くなりますが宜しければお読みください。

 

弊店では自粛要請により外出を控え、店内の配置換え、復活した際に備えての準備、そして掃除に掃除に掃除です。

 

 

皆さんもお家でお掃除などされていませんか?

 

ちなみに私の出た高校の学訓。

一、掃除 二、勤行 三、学問

 

一番が掃除。

インパクトある学訓ですよね。

学問より掃除って。。。今でも忘れません。

そして卒業から20数年が経ち、やっとこの意味が分かってきたのです。

(私の20数年分の答えですから、出会えた方はラッキーだと思います)

 

分かりやすく例えますと。

部屋にゴミが落ちているとします。

自分の中でそれは正常な状態か、異常な状態かの判断はつきますよね。

 

しかし、異常な状態と分かっていてもゴミを拾わない、拾えない人が沢山います。

(私も完璧な人間ではありませんので見て見ぬふりの時もあります)

 

つまり。

異常な状態だと分かっていて見逃す。

ダメだとわかっていてほっとく。

他人任せや後回し。

これが自分の仕事や立場に置き換えてみますと恐ろしい事です。

 

お医者さんなら・・・患者さんの異常を分かっていてほっとく?

先生なら・・・生徒のSOSを見て見ぬふりをする?

親なら・・・子供の躾を、まぁええかでほっとく?

 

だからこのゴミを拾える(掃除が出来る)精神状態って凄い事なんですよね。

一番分かりやすくて、一番難しい修業です。

 

皆様、明日からのお掃除にやる気出ましたか?

 

長文にお付き合いいただき有難うございました。

f:id:ishiharagofukuten:20200413143032j:plain

 

 

 

2019年。結びのブログ。

みなさま、こんにちは。

 

2019年も残すところあと数日となりました。

今年も全国の多くの皆様と素敵な出会いと感謝の1年となりました。

 

2017年から関西だけでなく全国からのご要望にお応えすべく、スマホ片手に地図を

見ながら知らない場所へお邪魔しました。

f:id:ishiharagofukuten:20191228101902j:plain

f:id:ishiharagofukuten:20191228101604j:plain

ネットとアナログの程良い感じが僕には丁度あっているようです。

 

また、その地その地でお客様がもの凄く喜んでくださること。

そして、片田舎の小さな呉服屋さんが新幹線に乗って全国のお客様に会いに行くなんて

人生としては最高に面白いんじゃないですか。(あっ連載漫画になるかな?笑)

 

そこで気づいたことの1つは

着物を着よう!!

着物を作ろう!!

というお客様の幸せパワーや運気が物凄く良いことです。

僕も毎回そのパワーをいただき、幸せを運ぶ着物屋さんに近づいてきました(笑)

ちなみに笑点の山田くんは「座布団と幸せを運ぶ」がキャッチフレーズでしたね。

 

 

2019年はプライベートな活動でもいろいろ結果が出た1年でした。

2012年よりお世話になっております。

大阪体育大学ラクロス部において2部リーグ優勝。1部昇格を果たしました。

f:id:ishiharagofukuten:20191228101655j:plain

f:id:ishiharagofukuten:20191228110207j:plain

生徒から教わること、これからの若者に伝えていくこと、

自分の使命を考えもう1つの人生を歩んでいるようでこちらも充実しております。

 

結びに来年もご要望、ご指名、ご必要とされます限り、全力で幸せを運びたいと思います。

 

 

石原呉服店

石原裕介

 

123日ぶりのブログ・・・

 

 みなさま、こんにちは。

本当にお久しぶりとなっております。

その前が40日ぶり。。。

そして今回が123日ぶり。。。

 

凄いペースです(笑)

「継続は力なり」(笑)

 

久々に真面目にブログと向き合っております。

こんなにキーボードをたたくことも久しぶりだなぁ~

最近はとにかく目の前のやるべきことに追われて・・・

とっても有難いことです。

 

この123日ぶりを「ざぁ~」っと振り返ってみましょう。

 

f:id:ishiharagofukuten:20191007115205j:plain

どれも大きな出来事ですが、やはり泉佐野市報10月号の表紙を飾らせていただいたこと

でしょうか。

親戚、縁者、恩師、友人、先輩後輩・・・これまでお世話になった方々に

このような形で元気にやってる姿をお見せすることができて嬉しいです。

 

この市報の表紙を飾ることが私の夢の1つでしたので遂に叶いました。

皆様のお蔭です有難うございました。

 

f:id:ishiharagofukuten:20191007115241j:plain

続きまして「美しいキモノ秋号」にて俳優・高橋一生さんが当店の羽織・帯をお召し下さいました。

やはり人気絶頂の俳優さんはインパクトありましたね。

「秒で売れる」とはこのことですね。

有難うございました。

 

f:id:ishiharagofukuten:20191007115402j:plain

2014年10月に購入しました「幻のポポー」が

5年越しに実をつけてくれました。

確か2・3年で実がなるって説明書に書いてたのに。。。

すっかり諦めてました(笑)

来年以降はもっと沢山の実がなりそうなのでご試食ご希望の方は是非。

 

f:id:ishiharagofukuten:20191007115435j:plain

f:id:ishiharagofukuten:20191007115316j:plain

 

相も変わらず、全国のお客様の元へお伺いしておりますので、

合間、合間で観光もしながら感受性を磨き、見聞を広めております。

次はいつの更新になるかわかりませんが、何卒よろしくお願い致します。

 

40日ぶりにブログ再開致します。

皆様、こんにちは。

長らく永らくお待たせ致しました。

 

激動の5月。

そして更に激動の6月に突入してまいります。

 

5月もいろんな場所で

いろんな出逢いがございました。

 

 

f:id:ishiharagofukuten:20190605164542j:plain

 

シンガポールからいきなり電話でご予約下さり、

片言英語と勢いだけで

この笑顔を演出できる若旦那ですが、

電話での応対は結構ハードルが高いと

感じました(汗)

お互いがお互いを理解しようとする関係性は

素晴らしいと思います。

 

 

 

f:id:ishiharagofukuten:20190605162445j:plain

 

以前よりご贔屓下さっております、

お嬢様が初舞台ということで

応援にいって参りました。

華やかな世界。

一生懸命な姿に涙が出そうになり。

男役さんは男より男前だと分かりました。

 

 

f:id:ishiharagofukuten:20190605162622j:plain

 

初の岐阜県でしたが、意外と近く感じました。

長良川の鵜飼や金華山高橋尚子。。。

まだまだ楽しいことが起こりそうな岐阜県です。

 

f:id:ishiharagofukuten:20190605162847j:plain

お客様にせっかくここまで来たんだし、

都電荒川線で帰ったら?

ということで・・・素直に。(笑)

 

 

f:id:ishiharagofukuten:20190605162815j:plain

秋葉原歩行者天国の時間に偶然出くわした。

道路の真ん中歩くって

こんな気持ちよかったんだね。

 

 

 

f:id:ishiharagofukuten:20190605163951j:plain

 

大きな風呂敷包みを持って”せんと君”の町へ。

思いっきりいっぱい、持てるだけ持って。

お客様の笑顔に救われた1日でした。

風呂敷はビリってなりました。

 

 

f:id:ishiharagofukuten:20190605164015j:plain

 

こちらは、思いがけないサプライズで

書いていただきました。

スーパースターのサインに

あやかれそうな気がします。

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

靖国神社へ・・・

みなさま、こんにちは。

 

もう随分ご無沙汰となってしまいましたが、

今日は絶対に更新するぞ!!

という固い意志のもとスタートします。

 

新年度が始まりスクール部門がようやく目途が立ちましたので

さっそく東京へ行ってきました。

 

お客様との打ち合わせはもちろんですが、毎回のことながら

見分見識を高めたいという欲求が有りますもので、

今回は靖国神社を参拝することにしました。

(※特に”右”とか”左”とかは全く興味がないものです。私。)

 

f:id:ishiharagofukuten:20190425163245j:plain

f:id:ishiharagofukuten:20190425163119j:plain

”荘厳”という表現。

いわゆる観光地という位置づけではあると思うのですが、

あれだけ街中で見る外国人の姿も殆どありません。

 

参道の片隅の掲示板で1人の女性がハンカチを持って

立っていました。

 

参拝を終えて私もその掲示板の前へ。

そこには33歳の兵隊がフィリピンへ出兵する前に妻子への遺書がありました。

日本国の為に死を覚悟し、残した妻子を気遣う内容に思わず涙が出ました。

 

その傍らで区議会議員の街宣車が「皆さんの為に・・・」「一生懸命・・・」

などと言いながら走る光景です。そういう方にも是非、見て欲しいな。

 

 

先人たちが守ってくれた日本。

引き継いだ世代が何をすべきか。

与えられた命を無駄にするまい。

 

f:id:ishiharagofukuten:20190425163208j:plain

靖国神社の桜は生き残ったもの。

戻らぬ人の為に植えられたもの。

毎年、桜の時期に戦友に逢いに来るもの。

そんな思いが込められた美しい桜でした。

 

「美しいキモノ春号への掲載」の巻

みなさま、こんにちは。

すっかり春めいてきましたね。

私はブログ更新の遅れを取り戻すべくパソコンに向かっております(笑)

 

 

去る2月20日に発刊されました美しいキモノさんに掲載して頂きました

お知らせでございます。

 

f:id:ishiharagofukuten:20190309095814j:plain

商品に関するご説明などはこちらにて

ishihara-gofukuten.com

 

という訳で軽~い感じでまた次回更新よろしくお願い致します。

 

 

 

「宝塚音楽学校の文化祭」の巻

みなさま、こんにちは。

こないだまで2月と思いきやもう3月ですもんね。

そして遂にやらなきゃ(ブログ書かなきゃ)スイッチが点滅致しました(笑)

 

ということで2月の22日にお世話になりました文化祭の記事を少し。

 

今年の105期生は松岡修造さんのお嬢さまが在籍されているということで、

行事ごとが常に注目される学年でした。

私もこの学年に御縁があったことは本当に嬉しく思います。感謝。

 

話は少し飛びますが、宝塚歌劇団のことを考えると思い出すのは母方の祖父のこと。

戦前に高知県から神戸へ就職し、終戦後は高知へ帰るのですが神戸に居たせいか

「1度でいいから宝塚を見てみたい」と言っておりましたが、遂に夢が叶うことはありませんでした。

私自身も宝塚に御縁がある人生になるとは思えなかったのですが、こうやって舞台を見させて頂けるのは「祖父の代わりに来てるんかなぁ~」とか思ったりします。

 

そしていよいよ文化祭

f:id:ishiharagofukuten:20190307102819j:plain

清く正しく美しく。

そして宝塚フォーエバースピリット。感動、鳥肌ものです。

 

プロの舞台も素晴らしいと思いますが、今回のような学生らしい一生懸命さが

伝わるアットホームな雰囲気に包まれる会場も素敵でした。

有難うございました。